Motto☆写真の世界を知りたい!!

Entry 841   Permanent LIN K

TOKYO PIXELS 2012~写真展

本日からグループ展示『TOKYO PIXELS 2012』に車人形の写真を展示します。

タイトル『情念』

会期 2012年10月9(火)~10月14日(日)
会場 川崎 アートガーデンかわさき
川崎市川崎区駅前本町12-1 川崎駅前タワー・リバーク3階(川崎駅前)


時間 10:00~19:00
   10/9(火)オープンは13:00から
   10/14(日)最終日 17:00まで

雨宮在廊:10/9 10/14



「写真と版画のアート.コラボレーション」
今回のグループ展は 秋田淳之介さん 秋田好恵さん 村尾昌美さん 雨宮真理ら9名の写真と
版画作家24名のアート.コラボレーション

TOKYO PIXELS 2012001



情念についての参考

深く心に刻みこまれ,理性では抑えることのできない悲・喜・愛・憎・欲などの強い感情。
さらに、これらの感情が複合化していく

心理学上の術語としては,感情一般のなかに属し,狭義の〈感情〉や〈情動(エモーション)〉と区別され,激情を意味する。
つまり〈感情〉が強まりそれがはっきり身体に現れるほどになったとき〈情動〉と呼ばれ,
またさらにいっそう激化して感情の自然の流れがせき止められ苦悩にさらされるようになるとき〈情念〉と呼ばれる。
だが情念の問題は,それが同時に〈受動〉〈受苦〉〈受難〉を意味することに示されるように,
心理学を超えて,もっと広くてダイナミックな人間論的な広がりをもっている。

一般的に言って,passion(情熱),emotion(情動),Gefühl(感情)といった言葉がもともと〈運ばれる〉〈動かされる〉〈触れられる〉という
受動的意味合いをもつことからも,これが受動的な心的現象であること,
またわれわれの健常な意識がつねになんらかの感情的色づけを与えられていること,これは確かである。

さらに,古代日本におけるように〈もののあわれ〉に知的認識などよりも深い世界開示の力を認める文化もあるし,
ニーチェのように〈陶酔〉に根源的な芸術衝動を認める哲学者もおり,
一般に芸術創作にあって感情が基本的役割を演じていることを思えば,感情にすぐれた開示能力のあることも確かである。…



情念論
『情念論』(Les passions de l'ame)は1649年に哲学者ルネ・デカルトによって執筆された著作である。
概要 [編集]

デカルトは哲学の研究を進め、スウェーデンのクリスティナ女王に招致されて1
649年10月にストックホルムへ移った。本書『情念論』は同年11月に出版した著作であり、
5年前にドイツのファルツ選帝侯フリードリヒの皇女エリザベートに向けて執筆した論文がもとになっている。

デカルトは本書で精神の知覚や感覚、感動、すなわち情念を主題として研究を行っている。
本書の内容は人間本性と情念の基本について論じた第1部、多種多様な情念を論じる第2部、
特殊な情念について論じる第3部から成り立っている。

デカルトにとって精神の経験には精神が新しい経験を獲得する場合の受動と精神が経験の原因と
なっている場合の能動の二種類があり、精神の能動・受動性は身体の能動・受動性と逆になるように
相互に作用する。前者は知覚または認識であり、後者は意志のはたらきであるとデカルトは見なしている。

そして人間の情念とは動物精気が運動することによってもたらされ、
動物精気が血中を通じて脳に到達することで情念が表れると論じる。
特にデカルトは情念の原因が脳の中央に位置する松果腺にあると考え、
身体運動の原因でもあると考えていた。
デカルトはさまざまな種類の情念を検討しているが、
まず基本的な情念として愛、憎、欲望、喜び、悲しみがあり、
これらが複合化することによって情念は複雑化していく。
情念の働きを抑制するためにデカルトは謙遜、勇気などの徳を守ることを主張しており、
知恵とは情念を支配する意義があると分析している。










スポンサーサイト

    2012/10/09   撮影     841TB 0   841Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

Trackback

http://mottophoto.blog61.fc2.com/tb.php/841-a827d890

FC2Ad

.

全ての記事を表示する

 

 

  Shinri

Author:  Shinri
↑↑↑photo by kisayo
仕事:フォトグラファー
  


東京都在住

<これまでの撮影のお仕事>
結婚式のスナップ
浄瑠璃人形劇舞台写真
コンサートの撮影
イベントのスナップ
パーティースナップ
美術などの図録

成人式のスナップ
学校のスナップ
料理メニュー写真
夫婦などの記念撮影
ピアノなどの発表会
洋服展示会写真
デザイナーさんなどのポートレート
家族写真+遺影撮影

得意とする撮影は人物写真
最近はファミリー写真に夢中☆


私が写真を撮るうえで、一番大切にしている事は
『人と人の繋がり』

撮影を希望の方!メールを頂けければ大歓迎です。
ステージ写真、家族写真など
思い出を残してみませんか。


メール
コメント欄シークレットに
マークをつけて
アドレスを送ってください

後日、返信いたします


私生活では
旅が大好きで、パックパックを背中に世界のあっちこっちを長期旅行したのが、今とてもいい経験となっている。
最近はもっぱら登山に熱中する山女☆☆☆
マラソン、詩吟にチャレンジ!益々元気♪♪♪

リンクして頂ける方、
ご自由にどうぞ宜しくです

◎好きな写真家
ジャンルー・シーフ
奈良原一高
上田義彦
ハービー・山口
藤井秀樹
アラーキー
木村伊兵衛
植田正治.
白旗史郎
内山英明.
カルティエ=ブレッソン.
salgado.
RON VAN DONGEN
ロバート・メイプルソープ
デニス・ストック
コスタ・マノス
土門拳
村越としや
岡田敏宏


◎好きな作家
沢木耕太郎 .山本周五郎

◎好きな音楽家
一押し!!!椎名林檎
元ちとせ.矢井田ひとみ.一青窈
Bob Dylan
Bruce Springsteen
Deep Forest
John Lennon
kjarkas(ボリビア)
Led Zeppelin
Ravi Shankar
U2
その他多数...聞きます☆

◎お願い
(C) 2013 写真と記事の
無断転載・転用を禁じます

 

 

 

 

このブログをリンクに追加する

 

 
Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

 
現在の閲覧者数:

 

この人とブロともになる

 

 

-天気予報コム- -FC2-