Motto☆写真の世界を知りたい!!

Entry 450   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

さよならカルカス

IMG_3447.jpg



6月3日から始まった「ロス・カルカス」の日本公演も16日で終わり、
メンバーの皆さんは、18日に、帰路につきました。
2日後には(日本の裏側ですから、乗り換え乗り換えして、、、とてつもなく長~い帰路の旅)
やっとこさ、ファミリーが待つボリビアに到着し、
日本の土産話などして賑やかに過ごす事でしょう。

今回、久しぶりにボリビアの風を感じ、彼らが帰った後、
少々おセンチになっていますが、
それよりも、Motto☆Motto写真技術を高めたい!!という気持ちになっています。
これは、もちろんカメラ操作だけではなく、
プロとして、均一に撮影ができ、なおかつプラスαの部分も高めていきたいと思います。
カルカスの音楽が、良い刺激となりました。


ボリビアでもカルカスの写真を撮らせて頂いておりましたが
今回、一番感じた事は、日本公演は音響が素晴らしい!!!のひと言につきます。

コンサート鑑賞は、お国柄によっても様々でしょうが、
「ロス・カルカス」が奏でる音楽性の高さを理解する者にとって、
ここは一番重要かと私は思っています。

エルメルさんが、心から歌いあげる詩には、ボリビア人の魂がこもっています。
聴いてる者に、そのメッセージや音が、
たとえ詩の意味が分からなくても、響かなくてはいけない。

感覚的能力が豊かだった誠さんは、ご両親の影響もあり、
幼い時からカルカスの音楽にふれ、
音からカルカスの迫力を感じ取っていたのではないでしょうか。

彼が20歳の時、チャランゴを持ってコチャバンバにやって来ました。
その時は、技術が巧い!!!カルカスが大好き!!!と思いましたが、
あれから、なんとなんとメンバーに加わって、今回、日本で再会しました。

スペイン語をはなし、チャランギスタとして
カルカスになくてはならない存在感を放っていた事は、感動的で嬉しかったです。
(あの時、カルカスの歌は、完璧に歌えましたが、スペイン語での会話は何も話せなかったのですよ。)



そして、
民族楽器を奏でるガストンさん、リンさん、ゴンザロ.JRさんの音一粒一粒にも、
ボリビア人に宿るalma (魂)が込められて、
聴かれた方々は、カルカスの音楽の迫力にため息をつき、
『凄い、凄い』と言う声がたくさん聞こえて来ました。


IMG_3415.jpg





写真撮影で最も重要な事は舞台照明です。
どんなに、良い表情をしていても、
光をキャッチして記録することしか出来ないカメラは、
照明技術が高くないと良い写真にはならないのです。

その点、ボリビアでの撮影は、とても苦しかったですね!!!
メンバーの表情だけが命ってなかんじで。。。

カルカスも、時代とともに演奏の中での動きが激しくなった事は、とても写真的であり、
コンサートを見ている者を引き込み、楽しませてくれました。

カメラ技術の進歩で、ISO感度6400まであげてコンサート撮影が出来ることは、
涙がちょちょぎでるほど嬉しい事でした。
それでも、シャッター速度を稼げないときもありますが、
そのブレも写真の良さという事で☆

VIVA KJARKAS!!!




カルカスの情報はこちらです。

『KJARKASが日本に帰って来た!!』
http://blog.goo.ne.jp/bienvenidokjarkas


『Los Kjarkas オフィシャルサイト』
http://www.geocities.jp/kjarkas2004/main.html


『AMIGO』
http://www.hola-amigos.co.jp/
スポンサーサイト

    2009/06/19   KJARKAS     450TB 0   450Com 5  ↑ 

Comment

Re: タイトルなし めとろん 様   URL   2009/08/29   [ Edit ]

コメントをありがとうございます。
八海山を眺めながら八海山を飲むことになりそうです
(これ↑これ↑かなり、いいですね♪)

いろんな出来事の中、
誠実さを、保っていられるのって、難しい事だと思います。
でも、どこかで繋がっていると思う事が、そうでありたいと思う事。

写真技術!!
優れたカメラ機能には、大変助けられていますが、
最終的にシャッターを押すのは自分。
確かに自分への永遠の課題です。


めとろん   URL   2009/08/12   [ Edit ]

おはようございます。すごくごぶさたコメントになってしまいましたー
カルカスの音楽の魅力を伝えていただきありがとうございます。
2ヶ月経って読み直しても、テキストを読む人にまで伝染しそうな勢いがあります。

さて、印象に残ったテキストから
> Motto☆Motto写真技術を高めたい!!
僭越ながらワタシに置き換えて・・・
流れ星の撮影は高感度特性に優れた機材に大きく依存します。
機材のおかげで一晩に40~50個の流星が撮影出来るようになりました。

秒単位のシャッタースピードの連続撮影が始まったら機材任せなのですが、
その時に至るまで撮影テストでトライアンドエラーの繰り返し
撮影1ヶ月前から当日までお天気チェックは欠かせません。
今日8月12日から1泊2日で「愛」と「義」の国(笑)の八海山の麓にて撮影です。

天気のトレンドは曇天~雨天なので、
八海山を眺めながら八海山を飲むことになりそうです(これはこれで良いことにします)

とるてんさんのコメントを引用しますー
>シャッターを切っているうちは、ずっと続く、自分への永遠の課題ですねー。
>このさい、止まることなく行きまぁす!

このコメントに深く感銘を受けました。うん、そうだそうだと一人で納得しております。


話は大きく変わって
shinriさんの文章を通してカルカスのの魅力に伝染しそうになった6月(笑)
その同じ月に書き手の誠実さがうかがえる文章に遭遇し、考えさせられました。
それは・・・これです。
http://ysuburin.exblog.jp/9877659/

長々とすみませんでしたー。

Re: ファンレター(?)です ゆな様   URL   2009/07/10   [ Edit ]

鍵コメをありがとうございました。

今回は、沢山の写真が残りましたが、なかなか、公開することができず、残念です。
名古屋は、サイン会や、パーティーがあって、楽しそうでしたね。
写真を拝見致しました!!!

そうなんです、舞台監督ですが、40年も車人形を扱う人形遣いの先生なのです。
ね、ね、本当にいい顔していますよね☆

ゆな様が何かに触発されて、絵をお書きになるように、
私は川瀬さんの表現に、とても強く惹かれてシャッターを押しているのです。
本番は、黒子なのですが、人形をとおして、川瀬さんの表現を撮影しています。
人形と一体化した演技は、見応えがあります。
また、お話の内容も、
自らの力で母を助け出す子に成長した『つしおおと母の再会』は感動的で泣けてしまいます。

是非是非、飯田の公演をご覧になって下さいませ。
感動する事、間違いありません。

東京行きのバスは1時間に一本ございますので、心配いりません。
2時からの大体1時間くらいの公演なので、飯田に泊まらなくても、
夕方のバスで行けますよ。

飯田バスセンターの電話番号は0265-24-0007
私も、飯田に行く予定なので
気楽に、私の方にメールを頂いてもかまいません。
良かったらで構いませんが
鍵コメでゆな様のアドレスを知らせて頂ければ、
こちらから返信させて頂きますので、宜しくお願い致します。

車人形については、こちらのURLでインフォがあります
http://k1103hitomigoro.blog.so-net.ne.jp/

Re: 6月になってしまいました! とるてん 様   URL   2009/06/21   [ Edit ]

コメントありがとうございます。

ほんとに!!月日が立つのは早い事で。。。
あれから、私も、日帰リ2回くらいしか、お山にいけてなくって。。。
それも、前の日にくらいに思い立って~てな感じです。
とるてん様の事は気にしてましたが、やはり、バタバタお忙しそうで
お声をかけれませんでした。

お気おつけて、お山の方にいってらっしゃいませ。
ゆっくりとした、行動をしていれば大丈夫ですよ。

6月になってしまいました! とるてん   URL   2009/06/21   [ Edit ]

こんばんはー。ごぶさたしています~。
新緑の山登りをご一緒しましょう!とか、誘っておきながら。
梅雨に入ってしまいました…。

もう、行き当たりばったりで行こうと思います!(←トレーニングできんかった!)

今は、お互いに。撮影、頑張りましょう!
>Motto☆Motto写真技術を高めたい!
シャッターを切っているうちは、ずっと続く、自分への永遠の課題ですねー。
このさい、止まることなく行きまぁす!

こちらにおじゃまして、いいなー、この感じって思いました。(←わかりにくい表現ですんませ~ん。)


P.W.   Secret    

Trackback

http://mottophoto.blog61.fc2.com/tb.php/450-908cb66e

FC2Ad

.

全ての記事を表示する

 

 

  Shinri

Author:  Shinri
↑↑↑photo by kisayo
仕事:フォトグラファー
  


東京都在住

<これまでの撮影のお仕事>
結婚式のスナップ
浄瑠璃人形劇舞台写真
コンサートの撮影
イベントのスナップ
パーティースナップ
美術などの図録

成人式のスナップ
学校のスナップ
料理メニュー写真
夫婦などの記念撮影
ピアノなどの発表会
洋服展示会写真
デザイナーさんなどのポートレート
家族写真+遺影撮影

得意とする撮影は人物写真
最近はファミリー写真に夢中☆


私が写真を撮るうえで、一番大切にしている事は
『人と人の繋がり』

撮影を希望の方!メールを頂けければ大歓迎です。
ステージ写真、家族写真など
思い出を残してみませんか。


メール
コメント欄シークレットに
マークをつけて
アドレスを送ってください

後日、返信いたします


私生活では
旅が大好きで、パックパックを背中に世界のあっちこっちを長期旅行したのが、今とてもいい経験となっている。
最近はもっぱら登山に熱中する山女☆☆☆
マラソン、詩吟にチャレンジ!益々元気♪♪♪

リンクして頂ける方、
ご自由にどうぞ宜しくです

◎好きな写真家
ジャンルー・シーフ
奈良原一高
上田義彦
ハービー・山口
藤井秀樹
アラーキー
木村伊兵衛
植田正治.
白旗史郎
内山英明.
カルティエ=ブレッソン.
salgado.
RON VAN DONGEN
ロバート・メイプルソープ
デニス・ストック
コスタ・マノス
土門拳
村越としや
岡田敏宏


◎好きな作家
沢木耕太郎 .山本周五郎

◎好きな音楽家
一押し!!!椎名林檎
元ちとせ.矢井田ひとみ.一青窈
Bob Dylan
Bruce Springsteen
Deep Forest
John Lennon
kjarkas(ボリビア)
Led Zeppelin
Ravi Shankar
U2
その他多数...聞きます☆

◎お願い
(C) 2013 写真と記事の
無断転載・転用を禁じます

 

 

 

 

このブログをリンクに追加する

 

 
Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

 
現在の閲覧者数:

 

この人とブロともになる

 

 

-天気予報コム- -FC2-

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。