Motto☆写真の世界を知りたい!!

2010年10月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

中国 大雁塔(だいがんとう)

大雁塔は高さが64メートル、三蔵法師のモデルと言われる玄奘がインドから持ち帰った経典が保存されています.

国際問題が取り上げられていますが、なぜ人間が信仰するのか?
共に幸せでありたい願いと私は信じたい。


それでは
世界はつながっていまーす!ばんざい~い!
IMG_6158-2.jpg



信州飯田岳風会の皆様へ

中国旅行では、大変お世話になりました。

先輩方をファインダーごしに撮らせて頂いている時、
青春と言う詩を思い描いていました。
『青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言
うのだ。』

勤勉な姿勢、助け合いや優しい心、買い物している時の嬉しそうなお顔、
誰もの笑顔が輝いていてチャーミングでした。
そして何より、
吟じている皆様の唄声を、広大な中国の大地で拝聴出来ましたことは、
私にとって、大変幸せな事です。
今時の言葉でLUCKYな旅でした!!!
鳴沙山でラクダに乗りながら『月の砂漠』を歌って下さいましたね。
歌って身軽で、とても感動的で素晴らしい。

私にとっての写真は、感激、感動、感心、興味などでシャッターを押していますが、
写真から何かかと繋がっていきたいと思っています。

写真はご本人様の記録は勿論ですが、何年も経った時の、
家族への贈り物です。
どうぞ、お時間を作ってアルバムにまとめておいて下さいませ。

中国の旅で、岳風会の皆様の光り輝くお姿は、
私のこれからの人生での指針となりました。
誠にありがとうございました。

諸先輩方、97歳の田中さんを目標に、どうぞ健康には努力し、チャーミングな姿を私達に見せてくださいませ。
人生に延びる輝く道を進めるよう私も努力致します。
スポンサーサイト

    2010/10/31   撮影     527TB 0   527Com 2  ↑ 

古代シルクロードを想う

  IMG_5525.jpg




旅の始めに、漢詩が書かれたとても派手なブルーのハッピを渡された。
なれていない私は、一瞬たじろいたが、外国なら目立っていいかも♪
まして中国は、漢字のお国!

案の定、どこに行っても、中国人からは好奇心の視線を頂き、
誰もが、我らのハッピを読んだ♪

カメラを向ける中国人や白人旅行者、このハッピのおかげで
すべてにおいて好感をもたれる旅だった。

IMG_5312.jpg



シルクロードの遺跡の中で吟ずる信州岳風会の皆様
IMG_5394.jpg

敦煌 莫高窟を背中に吟ずる信州岳風会の皆様
IMG_5671-2.jpg





余談と言うか、
ごっちゃがえす観光地のなかで、まだハッピの効果がある
何処に居るのか一目瞭然!
だから迷子にならない!
ガイドが人数を数えやすい!


最年長97歳の男性を含み、総勢21人の吟の歌声に、その場にいた中国人や観光客は耳を傾けた。
歳を重ねるとは、老いていく事ではなく、どう輝いて生きていくのかを教えてくれている。

看板を背負い、吟ずる彼らを誇らしく思った。

    2010/10/28   撮影     525TB 0   525Com 0  ↑ 

果てしなく広がる中国の地平線

IMG_5536.jpg

    2010/10/26   撮影     524TB 0   524Com 2  ↑ 

敦煌 鳴沙山を踏む 中国

IMG_2288.jpg



ここの砂は、踏みしめるとキュッ!キュッ!と音がしたそうです。
とても静かな時のなかで聴こえるのかもしれない。






私は、サラサラの砂を感じたくって靴を脱いだ。
オレンジのカバーは靴の中に砂が入らない対策グッズ!
10年前、この地を訪れた時は、こんな便利グッズはなかった。
進化している!!!当たり前か。

   IMG_2271.jpg




早々、写真の納品で訪れた家では、とても美味しいお料理を頂いた。
ゆず風味のしょっぱくない塩辛は、初めて頂いたお味で絶品☆☆☆☆☆
ビール、塩辛、ビール、塩辛、ビール、塩辛、ビール、塩辛、ビール、塩辛、♪

何げないヒジキの煮物も、熟練したこれ以上ない絶妙な味付けに箸をおく事ができなかった☆☆☆☆☆

箸休めといって良いのか分からないが、酢で味付けされたカブの漬け物も甘みと酸味のバランスが最高♪


ぱくぱくしている私に奥様「持ってく?」
「はい♪」
こんな美味しいものには滅多に出会えないと思った私は即答。

そのまま、仕事に行って、夜のお夕飯のおかずに頂いて、やっぱり「美味しい美味しい美味しい」
と一人連発!!


深夜12:30に帰宅し、また食べたくなったので、
お皿にレイアウトして写真を撮影したが、ライティングなしだったので、
この美味しさに失礼だと思い掲載しない。

きっと、またこのお料理様達に出会える気がする☆
今日は、幸せがいっぱいやってきてくれた、ありがとう。


そうそう、噂の
桃屋の
辛そうで
辛くない
少し辛い
ラー油
まで頂き、キュウリとあえて食べてみた。
ニンニクなどの薬味のシャリシャリとした歯ごたえと、
ラー油の甘みがキュウリと良くあうではありませんか!
さすが本家本元『桃屋のラー油』

そしてやっぱり、一杯のおビールと頂いてしまった。
シェーシェ!!!

    2010/10/24   撮影     523TB 0   523Com 0  ↑ 

敦煌 月牙泉 中国

IMG_2279.jpg



どこまでも続く砂漠の中で、2000年の時を刻み、絶えることなく湧き続けているオアシス『敦煌 月牙泉』
別名を『薬泉」といい、その形は三日月の形をしている。

    2010/10/22   撮影     521TB 0   521Com 0  ↑ 

集合写真   中国敦煌にて

スナップの範囲での集合写真は、行程の中で時間が限られているため、難しい。
様々なお天気での撮影になりますが、
曇天の日は、光が回っている状態なので、ストロボ操作はそう難しくはない。

晴天のコントラストのきつい光の中での撮影は、
明暗の差が開いてしまうので、ストロボでの程々の調整が必要です。
ハイライトが飛びすぎず、暗部がつぶれすぎないよう気を使わなければならない。

しかし、写真を撮られる方々は、そんな事は知った事ではないので、ささっと撮影して欲しいと思っている。
嬉しいかな、悲しいかな信州飯田岳風会の皆様は、集合写真にとてもなれていて、並ぶのが早いのです。

本来なら、背景の露出は雰囲気を演出するためもう少しアンダーにしたい所ですが、
主役の方々とのバランスを考えると、そうもいかない。

タイムリーなブライダル撮影でのストロボ操作が訓練になっている。




 IMG_5293.jpg





遺跡を楽しむには、程々の知識と、想像力なり妄想力が必要で、
シルク製品を手にラクダに乗って、過酷な砂漠の中を西へと進み
言葉も分からないヨーロッパに、
商売に行った古代人の勇気、冒険力、逞しさに乾杯だ☆






    2000年に渡る風化に耐え、古代シルクロードに存在した『漢代長城』は、現代も砂漠の中に在る
IMG_5433.jpg



    2010/10/22   撮影     520TB 0   520Com 0  ↑ 

2010年8月18日 南アルプス縦走の歩き方17

IMG_4386.jpg



最終日の朝は、今回初めてのご来光!!!
さあ、これで山をくだれるのだが、
それでも、下るときは、後ろ髪をひかれちゃうよね。






数日、止めてあった車には、立派な巣が出来ていて感動。。。しかし、お願い!どいて下さいな。。。
IMG_4449.jpg





これで、夏の南アルプスは終わり。
先日、紅葉の美しい中央アルプスの縦走に行ってきました♪
季節は、私のブログより、とっても早く進んでいるようです。

12日から中国に撮影にいってきま~す。

    2010/10/10   自然風景     518TB 0   518Com 4  ↑ 

2010年8月17日 南アルプス縦走の歩き方16

IMG_4180.jpg
南アルプスに入って5日目、初めての快晴に恵まれた。
聖平から茶臼岳を目指して、心地よい朝の空気を吸いながら、歩き始める


今までの荒れた岩場と違って、お散歩お散歩ルンルンルン♪お天気がいいと、なんて気持ちが良い歩き♪
IMG_4272.jpg



IMG_4245.jpg



上河内岳の展望は360度、歩いてきた南アルプスの雄大な山々!
荒川、赤石、聖の眺望を目の前にして、山の大きさに包まれている幸せを身体一杯感じている。
IMG_4261.jpg



いつの間にか最終目的の茶臼岳に到着。。。。茶がない!
IMG_4340.jpg



荷物が肩に食い込み、呼吸も苦しい登りの数々!南アルプスは大きかった!良くやった!乾杯☆
IMG_4305.jpg



そこに表れた滋賀の省三さんのコップはサイケで帽子はカラフル、そのお顔は満足げ~
IMG_4310.jpg


自然を愛し、蝶まで友達にしちゃうT子はマジシャンか!?
IMG_4328.jpg


なんだか、蝶が嬉しそうに見える。
IMG_4331.jpg


    2010/10/10   自然風景     517TB 0   517Com 0  ↑ 

2010年8月16日 南アルプス縦走の歩き方15

IMG_4136.jpg





3人で登山していても、各自楽しみ方は違う。
私は写真を撮りながらなので、1人で歩く事が多い。
森の光景にはまってしまうと、とてつもなく彼女らから離されてしまう。
人間の歩は、1枚写真を撮影していると10Mくらい離され5枚もハマっていたら
彼女達は遥か向こうに進んでしまう。
IMG_4078.jpg


いそげ~
私の大事な被写体においつかなきゃ~(汗)ひっしで歩き出す。この時はマラソン状態になって、
ペースを保ちながらの早歩き、でも登り、きつい。


聖の頂上についた頃、ガスがでてきちゃって、また景色なし(涙)
IMG_4117.jpg



それでも、余裕のある男性は気持ち良さげにお昼ね中。
それぞれの山の過ごし方が心地いい!

IMG_4114.jpg

    2010/10/02   自然風景     516TB 0   516Com 0  ↑ 

2010年8月16日 南アルプス縦走の歩き方14

わーーーーもう10月になるのに、今だ8月の記録をのせているのだが、
私の山歩きは、山岳写真ではない。

あくまでもスナップの領域で、人を撮りたいと思っている。
私にとって、この瞬間が大事だから☆
IMG_4034.jpg





    2010/10/02   自然風景     515TB 0   515Com 0  ↑ 

FC2Ad

.

全ての記事を表示する

 

 

  Shinri

Author:  Shinri
↑↑↑photo by kisayo
仕事:フォトグラファー
  


東京都在住

<これまでの撮影のお仕事>
結婚式のスナップ
浄瑠璃人形劇舞台写真
コンサートの撮影
イベントのスナップ
パーティースナップ
美術などの図録

成人式のスナップ
学校のスナップ
料理メニュー写真
夫婦などの記念撮影
ピアノなどの発表会
洋服展示会写真
デザイナーさんなどのポートレート
家族写真+遺影撮影

得意とする撮影は人物写真
最近はファミリー写真に夢中☆


私が写真を撮るうえで、一番大切にしている事は
『人と人の繋がり』

撮影を希望の方!メールを頂けければ大歓迎です。
ステージ写真、家族写真など
思い出を残してみませんか。


メール
コメント欄シークレットに
マークをつけて
アドレスを送ってください

後日、返信いたします


私生活では
旅が大好きで、パックパックを背中に世界のあっちこっちを長期旅行したのが、今とてもいい経験となっている。
最近はもっぱら登山に熱中する山女☆☆☆
マラソン、詩吟にチャレンジ!益々元気♪♪♪

リンクして頂ける方、
ご自由にどうぞ宜しくです

◎好きな写真家
ジャンルー・シーフ
奈良原一高
上田義彦
ハービー・山口
藤井秀樹
アラーキー
木村伊兵衛
植田正治.
白旗史郎
内山英明.
カルティエ=ブレッソン.
salgado.
RON VAN DONGEN
ロバート・メイプルソープ
デニス・ストック
コスタ・マノス
土門拳
村越としや
岡田敏宏


◎好きな作家
沢木耕太郎 .山本周五郎

◎好きな音楽家
一押し!!!椎名林檎
元ちとせ.矢井田ひとみ.一青窈
Bob Dylan
Bruce Springsteen
Deep Forest
John Lennon
kjarkas(ボリビア)
Led Zeppelin
Ravi Shankar
U2
その他多数...聞きます☆

◎お願い
(C) 2013 写真と記事の
無断転載・転用を禁じます

 

 

 

 

このブログをリンクに追加する

 

 
Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

 
現在の閲覧者数:

 

この人とブロともになる

 

 

-天気予報コム- -FC2-

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。