Motto☆写真の世界を知りたい!!

2009年03月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

椿    <唐人おきち>

あかい椿の花が、おきちさんの人生にリンクし、そして、終わりを暗示するかのように
『唐人おきち』のお話は進んで行きます。



<台本>
おきち    下田 には、春のはじめに、きっと、こういう日がやってくる。
       ふいに、大雨がきて、ひどく寒くて。毎年、これで、椿の花がちってしまうんだね。

与助     なるほど。そういえば、このあと、下田 じゅうが落ち椿でまっかになるね。

お     城山 から、そこの寺から、港から、下田 は椿の町だよ。
      その椿の花が、この雨で、一度に落ちる。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・






IMG_5498 -4


台本の最後の行は

♪おやみもなしにふりしきる雨、ときどき、椿の花のおちる音。

                              (おわり)



この椿の撮影のあいだ中『バサッ!バサッ』と椿の花の落ちる音を聞いていた。
スポンサーサイト

    2009/03/31   浄瑠璃車人形     438TB 0   438Com 4  ↑ 

結婚式

毎回ですが、撮影前日は、シュミレーションに心ときめかせ
結婚式の撮影が終わった夜は、なんだか撮影の熱がさめません。


本日は、先輩カメラマンさんのレンズの使い方の巧さに、興奮してしまいました~
レンズの特性を活かしたその撮影は、
被写体にぐっとよって、躍動感のある画面構成を広角レンズで、
圧縮効果を利用し、背景も含めて整理された画面構成を望遠レンズで、
そして、ストロボバウンスを巧みに使った露出の操作や、
スナップ写真のなかで、先を予測して動くことができればプロカメラマン!!!


Motto☆Motto☆巧くなりたいと思いました。
ドラマチックな結婚式の記録を!
いつアルバムを開いても、美しいこの時間を眺めていられるように!
感情がよみがえるスナップを!




家に帰って、ビールを飲みながら、なにげにつけたテレビ
『黒部の太陽』
香取慎吾親方の一部のセリフに感動!!!


「人の心に、何かがやどっていれば、必ずそこに近づけることができる」


単純なので、すぐ思い込むように、自分に暗示だァ~
ああ、巧くなりたいブライダル(切望)










IMG_0815.jpg


写真は、勝手なイメージです。





    2009/03/23   撮影     434TB 0   434Com 0  ↑ 

椿    <唐人おきち>





IMG_4731-3.jpg

    2009/03/22   浄瑠璃車人形     433TB 0   433Com 0  ↑ 

椿    <唐人おきち>





IMG_4566-2.jpg






イメージにあう椿をさがしもとめています。

    2009/03/21   浄瑠璃車人形     432TB 0   432Com 0  ↑ 

クロスカントリー  (日光)

なかなか、ブログ更新できていませんが、
けして、こんなことばかりをしている訳ではございません。

写真撮影には、体力、気力がとっても必要なので、
定期的トレーニングを行うため、お山に向かいます。

要するに、家にいる時間が少ない今日この頃のわたくしですが。。。





本日のトレーニングメニューは
『クロスカントリースキーをはいて、日光の今を撮影してくる』
いざ~

IMG_0835-3.jpg
スキーのようにエッジがきかないクロカンは、
ぎゃ~と言いながら、尻餅つくか、木に突進してぶつかるか、登り坂に突っ込むか!
でしか停止するすべを知らない私の発挑戦スポーツです。
最初、とりあえず、カメラは置いて行くべきでしたが、
カメラなしの旅なんて考えられない!
カメラを守りながら、嫌って~いうほど雪の中に倒れ、埋もれた。
アイスバーンになってる場所での恐怖と、痛み(涙)

前に倒れてた時には、ひゃ~!!!!!
カメラを守るのにとても必死。
同行した彼女は、ベテランなので、ス~イス~イだ。
ねえ!アドバイスは?
身体で覚えれば大丈夫^^
なんだと!!!!!
妙に、できそうな気持ちで望んだ自分に後悔した。。。






やがて、転び疲れて、、、、
コツを覚えて、、、、、
森の中をスイスイ進んで行くのは、
歩きとは違うスピードと、冬でしか味わえない楽しみ☆









美しい光景だが、彼女が野生のひとにみえた。
今晩のエサは、大好物の純米酒をあたえてみようか~
IMG_0854.jpg




IMG_0886.jpg




IMG_1120.jpg




IMG_0903.jpg






IMG_0952.jpg

    2009/03/19   自然風景     428TB 0   428Com 2  ↑ 

椿    <唐人おきち>


IMG_3921.jpg


この椿のカットをとても気に入って、お吉さんのイメージカットにと思いましたが
あかい椿でないので、つ、つかえな~~いのが、悲しい。。。
椿の写真をたくさん撮影しましたが、赤くてイメージに合う花には
なかなか出会えません。
あと少し、あちこち撮影して参ります☆

    2009/03/17   浄瑠璃車人形     431TB 0   431Com 0  ↑ 

唐人お吉物語

念願かなって、やっと、
おきちさんの菩提寺、宝福寺へのお墓参りがかない、安堵しました。

下田の町は、想像していたよりもこじんまりとし、
なまこ壁で作られた土蔵や民家は、古風で独特の下田情緒を街にかもし出してた。
おきちさんが開業していた料亭安直楼の建物も残っっている
こんな所に黒船が停泊していたのかと思うと、さぞ戦々恐々であった事だろう。

1853年ペリー艦隊来航の瞬間から、激動の幕末へと突入し、
おきちさんの人生の道もが大きく変わってしまいました。

町の情景、おきち記念館、住職のお話などからも、
おきちさんが実在した人物であったのだと改めて実感させられました。
写真は、お吉さんの事を調べて書かれた本です。
宝福寺の住職に頂き、読んでおります。ありがとうございました!!!
http://www.i-younet.ne.jp/~hofukuji/






_4378.jpg




料亭安直楼
IMG_3417.jpg

    2009/03/17   浄瑠璃車人形     430TB 0   430Com 0  ↑ 

『唐人おきち』 写真集

去年4月、浅草公会堂での浄瑠璃車人形劇『唐人おきち』の物語をまとめる作業にかかって
もうすぐ9ヶ月の時間がたとうとしています。
要するに、写真集としてまとめているのですが。。。。。

何故まとめているかと言いますと、依頼もあってのことですが、
それにもまして、この作品に関わる人々に強く惹かれたからなのであります。



私が伝統芸能邦楽の世界に触れましたのは、初めての事でしたが、
日本民族音楽の伝統をふまえながらも現代人に伝わりやすい『言葉』を、
まず理解できたことが、好奇心や興味を向上させ、
作品のストーリを理解し、深い感動を受ける事ができました。

唐人おきちは、車人形を念頭に制作された作家『高倉テル先生』と邦楽家『平井澄子先生』による作品群、
「佐倉義民伝・甚兵衛わたし場の段」「唐人おきち」「さんしょう大夫」の三部作の一つです。


そこでは、色んな方にお会いし、勉強させて頂いておりますが
ファインダーを通して特別の関心は、
40年も車人形を操る人形遣い「川瀬いとし』さんの表現です。

*リハーサルの川瀬さんは黒子をしていません→過去記事はここここ
が、本番は人形に意識を集中させるため、黒子をかぶります。


川瀬さんが意図する表現を、記録しておきたいと思いました。




















0203.jpg
























さて記録はともかく、写真集としてまとめる作業は、
専門でない私にとって、難しい仕事となっています。

より良い構成の為に、頭を捻る訳ですが、
デザインする知識や能力も必要であり、
せっかく撮影しました写真も、構成によっては映えない結果となってしまいます。

当初は、
人形遣い川瀬さんが、おきちさんにのせてみせた表情を20ページと考えていました。

しかし、膨大な写真枚数を持って
右往左往し、色んな方に写真を見せて相談していますと
写真家杵島隆先生にお会いする事ができました。

私の方向性を導いてくださり、反面、作業も大きいものとなりました。

<杵島隆先生からのご指導>
◎これだけの量の写真を20ページだけでは、
見る人が、カタログ的感覚になってしまうので、最低でも50ページ以上でまとめること。

ん~今の所、100ページは軽く超えてしまっているので、
削いで行く作業なのですが、全体が出来上がらないと、削る事ができない。

◎写真集にするとき、1枚1枚の完成度より全体の意味合いを考えること。

◎作品の内容が、実在した女性の物語で、メッセージ性の強い社会派的なお話であるから
脚本を載せること


◎フォントに『陰陽』の意味をもたせること

陰陽~ 中国古代の思想で、天地間にあり、互いに対立し依存し合いながら万物を形成している、陰・陽2種の気。
日・春・南・男などは陽、月・秋・北・女などは陰にあたる。


この物語は時代に翻弄された女性の美しく悲しい人生の物語なので
『陰』のフォントを使用すること


◎挿入写真から、中開きタイトル、そして物語への誘導、両開きの写真の扱い方
などをご指導して頂けた事は大きな収穫でございました。



表紙と最後の写真はすぐに決まったのですが、
構成やサイズ、さらにはテキストをどう写真に混ぜて行くかを考える事になりました。。。
。。

何度も何度もプリントをしなおし、並べ、考え、半年前より良くなって来た事は
確かです☆
今年、下田に撮影に行った事も、手応えを感じました。




次回は、フォントの色について考えてみます。



写真家杵島隆先生
http://fotonoma.jp/photographer/2000_12kijima/index.html

http://www.i-sys.info/serial/interview/4/interview4_top.html

Amazon


リンク先のSNAAPS様にもブログ上でアドバイスを頂きありがとうございました.

    2009/03/06   浄瑠璃車人形     426TB 0   426Com 4  ↑ 

FC2Ad

.

全ての記事を表示する

 

 

  Shinri

Author:  Shinri
↑↑↑photo by kisayo
仕事:フォトグラファー
  


東京都在住

<これまでの撮影のお仕事>
結婚式のスナップ
浄瑠璃人形劇舞台写真
コンサートの撮影
イベントのスナップ
パーティースナップ
美術などの図録

成人式のスナップ
学校のスナップ
料理メニュー写真
夫婦などの記念撮影
ピアノなどの発表会
洋服展示会写真
デザイナーさんなどのポートレート
家族写真+遺影撮影

得意とする撮影は人物写真
最近はファミリー写真に夢中☆


私が写真を撮るうえで、一番大切にしている事は
『人と人の繋がり』

撮影を希望の方!メールを頂けければ大歓迎です。
ステージ写真、家族写真など
思い出を残してみませんか。


メール
コメント欄シークレットに
マークをつけて
アドレスを送ってください

後日、返信いたします


私生活では
旅が大好きで、パックパックを背中に世界のあっちこっちを長期旅行したのが、今とてもいい経験となっている。
最近はもっぱら登山に熱中する山女☆☆☆
マラソン、詩吟にチャレンジ!益々元気♪♪♪

リンクして頂ける方、
ご自由にどうぞ宜しくです

◎好きな写真家
ジャンルー・シーフ
奈良原一高
上田義彦
ハービー・山口
藤井秀樹
アラーキー
木村伊兵衛
植田正治.
白旗史郎
内山英明.
カルティエ=ブレッソン.
salgado.
RON VAN DONGEN
ロバート・メイプルソープ
デニス・ストック
コスタ・マノス
土門拳
村越としや
岡田敏宏


◎好きな作家
沢木耕太郎 .山本周五郎

◎好きな音楽家
一押し!!!椎名林檎
元ちとせ.矢井田ひとみ.一青窈
Bob Dylan
Bruce Springsteen
Deep Forest
John Lennon
kjarkas(ボリビア)
Led Zeppelin
Ravi Shankar
U2
その他多数...聞きます☆

◎お願い
(C) 2013 写真と記事の
無断転載・転用を禁じます

 

 

 

 

このブログをリンクに追加する

 

 
Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

 
現在の閲覧者数:

 

この人とブロともになる

 

 

-天気予報コム- -FC2-

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。